読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

頭山

書いておきたい事を書いておく感じです

ゲームの話をします

 自分ってなんなんですかね。

 いきなり中学生みたいな事言い出してほんと申し訳ないんですけど、自分ってなんなんですかね。自分とは人格を差すんでしょうか。容姿を指すんでしょうか。技能や知識や経験や記憶を差すんでしょうか。それらをいくつか組み合わせたものが自分なんでしょうか。

 とりあえず人格の話をします。

 人格って変わるじゃないですか。数mgの化学物質の薬理作用で変わったりするじゃないですか。数mgの化学物質の話は置いておいて酒の話をします。ダメ、ゼッタイ。酒を飲んだら性格が変貌する人がいます。僕は一時期ずっと、ずっと、ずーーーーーーーーっと酒飲んでた頃があって、あの頃と今で性格とか言動とかかなり違うんですよ。酒飲んでる期間の方がシラフの期間より長い人がいた場合、酒飲んでる状態が「その人」なんですかね?それとも酒飲んでる間は「その人」は「その人」ではなく「別の何か」なんでしょうか。あるいは「酒を飲んだその人」なんでしょうか。どうなんですかね。アル中なのでアルコール依存で通院してるんですけど、たまにドラッグやって無茶苦茶になって奇声を叫びながら暴れてる人が連れてこられるんですけど、あれは「その人」なのか「その人ではない」のか「ドラッグをやったその人」なのか。ダメ、ゼッタイ。

 容姿の話をします。

 容姿。誰でも自分の容姿がもっと良ければいいと願うと思うんです。で、変えれるようになると思うんですよ。整形とかじゃなくて。こう攻殻機動隊みたいな世界がいつか来るんじゃないの、って意味で。自分の脳を取り出して美しい完璧な身体に入れる。元々の自分の身体は捨ててしまう。脳、精神は自分だけれど身体はもう自分ではない。

 技能、知識、経験、記憶。

 最近祖母が時々僕を僕と認識してくれなくて哀しい。人生で積み上げたものは長く生きていけばいずれ失っていくのだなと思いました。

 何かいやなんですよ。薬理作用で変わるような、容易に変更出来るような、歳と共に失われる様な、不確かな自分というものが怖い。自分が自分でなくなってしまうのが怖いんです。僕は僕という存在をいつまでも、どこまでも、果てなく、鍛え上げたいんです。やり込みゲー好きだし。日本一ソフトウェアユーザーだし。

 で、そこから生まれた願い、なんですけど。別にそんなものがホントにあるなんて思ってないんですけど。『魂』というものがあれば良いなと僕は強く思うんです。

 僕の考える『魂』は外部からは一切変える事が出来ない自分固有のものであり、そしていつまでも、それこそ輪廻転生の果てまでも鍛え上げられるものなんです。

 魂のレベル上げ。そういう事がしたい。

 そんな事を考えながらぼーっとゲームやってたんです。そしたらそんな願いにピタリとリンクする内容のゲームだったので驚きました。

 魂の研鑽がテーマの一つとして扱われているんです。

 『ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団』というゲームです。大変面白く、特にシナリオにおける深い人生観、死生観に僕は非常に感動しました。

 買おう!『ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団』!(このゲームの布教がしたかった)