読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

頭山

書いておきたい事を書いておく感じです

御挨拶

”「これだ。この感じなんだ。何もせず、何も考えず、意味を求めず、表現を放棄し、社会的存在であることを拒否し、ひたすら心のたゆたいに身をまかせている。こういう時間を私は”生きている”と呼びたいな」中島らもの小説『ロカ』より”

 

 ”僕は「意味のない事」とか「なんもかんがえない」が凄く好きなんだけどうんたらかんたらみたいな事をツイートしようと思ったんだけど、昔読んだ本で一番良い感じの言葉で既に書かれてたなー、っていうかそれに影響されてるなーと思ったので本引っ張り出してなんとなく書き出してみた”

 

 上記2つの内容は、ふと、ツイッターに呟きたくなり、つい先ほど呟いた内容なのですが、こんなツイート呟かれてもフォロワーさん困っちゃうなー。「なんだこいつ!?」ってなるだろうなーと思ったので、はてなブログにこういうよく判んないどうでも良い事は書いていく事にしました。僕の頭にふと浮かんだ何の脈絡もない思考を適当に綴る、という趣向です。1日1回くらい更新しようかと思っていますが、このまま数ヶ月放置して削除、という事も普通にあるかもしれません。つまりはチラシの裏で、設定のところに自分以外非公開の設定があり、もうそれで良いかなとも思ったのですが、公開する事で何か良い事があるかもしれないなぁなどと思ったのでとりあえず全体公開にしておきます。

 面白い読み物にしよう、という努力すら放棄しています。ガラクタが無造作に置いてあります。ですが、もし何らかの奇縁でこのブログを見つけた方はせっかくなので読んでいって下さるとありがたいです。案外琴線に触れる様な素敵な一文はガラクタの中に眠っていたりするかもしれません。